使い終わったプリンターのインク

使い終わったプリンターのインクは、住んでいる自治体のゴミ分別にしたがって処分に出すのが鉄則です。しかしながら、ゴミの日まで待てない場合など事情があるときには、この方法以外にも処分のやりようはあります。購入した店舗や他の家 […]

使い終わったプリンターのインクは、住んでいる自治体のゴミ分別にしたがって処分に出すのが鉄則です。しかしながら、ゴミの日まで待てない場合など事情があるときには、この方法以外にも処分のやりようはあります。購入した店舗や他の家電量販店などでもできる場所が多いのですが、使用済みのプリンターのインクを回収しているところが多数ありますから、その店舗にて回収をしてもらうのも一つの方法です。また、店舗によってはそのインクと引き替えに新しいものを購入する場合は、購入費用から値引きをしてもらえる場合もありますので、店舗での対応を事前に確認しておくのもよいでしょう。うまく回収してもらって、賢く処分を行うように心がけることで、無駄な費用などの抑制に繋がっていきます。

プリンターの種類とインクの処分方法

プリンターの種類などに関係なく処分出来るのが、昨今のインクの処分です。プリンターのメーカーなどに関係なく処分が出来ますので、インクの処分それ自体に困ることはほとんどありません。ただし、一般のゴミとして処分を考える場合には、燃えるゴミなのかどうかなどについては、自治体ごとで微妙に異なっています。したがって、その地方自治体のルールに従って処分を行うようにしなければなりません。こうした手間を考えると面倒だという場合には、購入した店舗や家電量販店などに持ち込んで処分してもらうやり方もあります。この場合、店舗の入り口などにリサイクル引き取りボックスあるいはリサイクルコーナーなどを設けて、そこに入れることで処分が完了するようになっているため、お手軽です。

購入と引き替えに処分するやり方

プリンターのインクは、正規品や互換品と行った具合に差はあるものの、購入時に自分で決められます。このとき、前に使用していたものと引き替えに購入をする場合、値引きをしているところが存在します。こうした店舗で購入を考えるのも一つの方法です。ただし、この場合は全く同じインクでなければならず、正規品だった場合にはその正規品と全く同じ正規品の種類のものを購入しなければならないといった店舗独自のルールがある点に、留意を要します。いずれにしてもゴミの処分の仕方で悩むよりは、店舗に持参して処分をしてもらった方が、手っ取り早いのは間違いがありません。なお、家電量販店以外でも回収を行っているところは存在します。たとえばホームセンターなどでも回収スペースを設けている場合があります。